トイレをつまらせない方法

トイレのつまりの原因が分かれば、後はそれに気を付けることでつまらなくすることができます。まずは、トイレットペーパーを大量に流さないことです。多く使う場合は、何度かに分けて流すことで、つまりにくくなります。そして、水流です。節水しようと、タンクの中にペットボトルなどを入れ、タンクの水量を少なくしている場合があります。こうした場合、充分な水量が確保できず、そのため水流の勢いがなくなりつまりやすくなってしまいます。タンクの水量はつまりを計算した量です。充分な水量で流してください

次に、ティッシュペーパーの使用です。トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っています。これは水洗トイレ用に開発されたためだからです。しかし、ティッシュペーパーはトイレ用に開発されたものではありません。つまり、水に溶けない性質をもっているのです。そのため、トイレに流すと水に溶けず、それがつまりの原因となることが多いのです。トイレでは必ずトイレットペーパーを使いましょう

そして、異物をつまらせる場合です。トイレに入る場合は、ポケットなどを確認して、まずは余計なものを持って入らないことです。また、小さな子供がいたずらでおもちゃなどを流すこともありますので、注意してみていてください。このようにトイレのつまりはこちらが気を付けることで、起こりにくくすることができるのです。