トイレのつまりの原因

トイレのトラブルの一つに、便器のつまりがあります。便器がつまると、流れない上に逆流してきたりしますが、どうにも手が付けられません。なんとかその場は治まったにしても、また次の時に同じようなことが起こりかねないのです。こういった便器のつまりは、その原因を知らないために、度々起こるわけです。まずは、つまりの原因を知ることから始めましょう。

トイレのつまりは、いきなり起こるのではありません。必ず予兆があるのです。何となく流れが悪いとは感じていても、あまり気にせず放置していることが多く、それが結果的に大きなトラブルに繋がってしまいます。いつもと少しでもおかしいと思ったなら、早めの処置が必要なのです。

トイレのつまりの原因として、最も多いのが紙のつまりです。元々トイレの排水管はつまりやすい構造をしています。そのため、トイレットペーパーでさえつまることがあるのです。多量のトイレットペーパーを一度に流し、それがつまりとなってしまうのです。また、ティッシュペーパーをトイレットペーパーの代替として使用した場合も、つまりやすくなります。また、紙以外の異物を落としてそのまま流した場合も、つまりの原因となってしまいます。このようにつまりには必ず原因がありますので、まずは心当たりを探ってみてください。