業者へつまり解決依頼

いくら気を付けていても、トイレのつまりは起こってしまうことがあります。そうしたとき、バケツで水を流したり、ラバーカップを使ったりしますが、どうしてもつまりが改善できない場合があります。そうした場合は、無理をせず、業者に依頼することをおすすめします。

トイレはつまりやすい構造をしています。そのため、どの家庭でもつまりというトラブルは起こると考えたほうがいいでしょう。そのときのために、日頃から業者への連絡先は控えておくべきです。トイレのつまりは、早急に処置しなければいけません。トラブルがあればすぐに対応できるようにしておきましょう。

業者によるトイレつまりの改善方法ですが、高圧洗浄機など専門の機器を使いますので、ほとんどのつまりはこれで改善されます。また、どうしても流れないという場合は、便器や排水管を分解して原因を除去することもあります。どのみち自分ではできない処置ですので、やはりつまりに関してはプロに依頼するのがいいでしょう。もちろん、つまってからではなく、少しでも異変があれば、業者に点検してもらうことで、最悪の事態を事前に防ぐことができます。このように、いつも安心してトイレを利用するためには、業者へ依頼することが重要となってくるのです。


トイレをつまらせない方法

トイレのつまりの原因が分かれば、後はそれに気を付けることでつまらなくすることができます。まずは、トイレットペーパーを大量に流さないことです。多く使う場合は、何度かに分けて流すことで、つまりにくくなります。そして、水流です。節水しようと、タンクの中にペットボトルなどを入れ、タンクの水量を少なくしている場合があります。こうした場合、充分な水量が確保できず、そのため水流の勢いがなくなりつまりやすくなってしまいます。タンクの水量はつまりを計算した量です。充分な水量で流してください。

次に、ティッシュペーパーの使用です。トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っています。これは水洗トイレ用に開発されたためだからです。しかし、ティッシュペーパーはトイレ用に開発されたものではありません。つまり、水に溶けない性質をもっているのです。そのため、トイレに流すと水に溶けず、それがつまりの原因となることが多いのです。トイレでは必ずトイレットペーパーを使いましょう。

そして、異物をつまらせる場合です。トイレに入る場合は、ポケットなどを確認して、まずは余計なものを持って入らないことです。また、小さな子供がいたずらでおもちゃなどを流すこともありますので、注意してみていてください。このようにトイレのつまりはこちらが気を付けることで、起こりにくくすることができるのです。


トイレのつまりの原因

トイレのトラブルの一つに、便器のつまりがあります。便器がつまると、流れない上に逆流してきたりしますが、どうにも手が付けられません。なんとかその場は治まったにしても、また次の時に同じようなことが起こりかねないのです。こういった便器のつまりは、その原因を知らないために、度々起こるわけです。まずは、つまりの原因を知ることから始めましょう。

トイレのつまりは、いきなり起こるのではありません。必ず予兆があるのです。何となく流れが悪いとは感じていても、あまり気にせず放置していることが多く、それが結果的に大きなトラブルに繋がってしまいます。いつもと少しでもおかしいと思ったなら、早めの処置が必要なのです。

トイレのつまりの原因として、最も多いのが紙のつまりです。元々トイレの排水管はつまりやすい構造をしています。そのため、トイレットペーパーでさえつまることがあるのです。多量のトイレットペーパーを一度に流し、それがつまりとなってしまうのです。また、ティッシュペーパーをトイレットペーパーの代替として使用した場合も、つまりやすくなります。また、紙以外の異物を落としてそのまま流した場合も、つまりの原因となってしまいます。このようにつまりには必ず原因がありますので、まずは心当たりを探ってみてください。


トイレのつまりの対処法

キッチンや洗面所、そして浴室など、家の中には水を使う場所が何か所もあります。普段、何の不自由もなく水を使っていますが、実は、水回りはトラブルが発生しやすい場所でもあるのです。キッチンや洗面所であれば、蛇口からの水漏れや排水口のつまりが考えられます。また、浴室であれば、シャワーや混合栓など様々な蛇口がありますので、これらの故障や、あるいは髪の毛などのつまりなどがあります。こうした水回りのトラブルは非常に困りもので、早急な処置が必要となります。

水回りのトラブルでも、特に緊急を要するのがトイレでしょう。そのトイレのトラブルとして多いのがつまりです。このつまりを解消するには、まずはその原因を探る必要があります。トイレのつまりの原因としては、大量のトイレットペーパーがまず考えられます。排水管の太さは決まっています。一度に流れる量には上限があるのです。大量のトイレットペーパーを流すことで、この上限を超えてしまえば、当然、つまりが起こることになります。次に、ティッシュペーパーなどの水に溶けない紙を流したときです。トイレは定められた紙のみを流すようにしてください。

このようにトイレがつまったときの対処法としては、まずはバケツで勢いよく水を流しましょう。水をぬるま湯にするとより効果的です。またラバーカップを使用するとさらに効果が増します。ただ、これらの対処を講じてもつまりが改善できない場合は、業者に依頼することをおすすめします。このサイトは、トイレのつまりとその対処法について説明します。